CURRENT MOON
過去記事
メッセージ
QRコード
QRCODE

2011年06月04日

『自然農という生き方~いのちの道をたんたんと』

ゆっくりノートブック第8巻。
今回も素敵なテーマです☆

NATURAL FARMING: A WAY OF LIFE
『自然農という生き方
 ~いのちの道をたんたんと』


いつもの辻信一さんの対談形式、今回のゲストは川口由一さん。

まさに表題どおり。
自然農は、農法のことだけを言うのではないんですね。自然農は、生き方であり、いのちの道であると川口さんはおっしゃっています。

最も重要な基本は、耕さない。
そして持ちこまない、草や虫を敵としない。気候に、天候に、作物の性質に、その場の環境に応じて、沿い、従い、任せる
そのままがいい。土を豊かにする必要はない、豊かにできない、しなくてよい。
土を、岩を舞台にいのちが生きて生死に巡れば、自ずから亡骸の層が重なり、いのちたちを生かす豊穣の舞台が出来上がる。

「足るを知る」は、いい言葉だと思う
「足るを知る」は我慢ではなく、あきらめでもなく、このいのちの世界もいのちの世界に生きるものも、すべて過ぎることなく不足することなく満たされていて、喜びのなかで生きることができるように、もとよりなっているから、それに気づかないといけない、と。
過不足ない“いのちの世界”を知れば、足ること自ずからである、と。
発想が変わるのに必要な正しい思想、正しい思想に至るに必要な“いのちの世界”の真実を見る真眼と、正しく理解する悟りの認識が必要。過ぎたる消費生活から離れること。”いのちの世界”で足るを知れば、生かされながら、平和に生きることができる、と。




畑行きたいなぁ・・・

同じカテゴリー(カフェの本)の記事画像
旅行人 2012上期号・No.165・休刊号
エココロ No.59
エコロジーの風 15号
エココロ No.58
『原発はいらない』 小出裕章著
エココロ No.57
同じカテゴリー(カフェの本)の記事
 旅行人 2012上期号・No.165・休刊号 (2011-11-28 21:47)
 エココロ No.59 (2011-11-21 22:22)
 エコロジーの風 15号 (2011-11-11 00:01)
 エココロ No.58 (2011-09-20 21:49)
 『原発はいらない』 小出裕章著 (2011-08-06 23:52)
 エココロ No.57 (2011-07-19 21:08)

Posted by Cafe びすたーれぃ at 22:56│Comments(0)カフェの本
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。